Skip to content

プロジェクトマネージャー育成は経験から

育成を任されている方は、「プロジェクトマネージャーを育てるためには、やはり該当者にスキルを身に付けてもらうしかない」と思っている方も多いと思います。そのため、それぞれの企業で研修会や勉強会などを開き、育成に力を入れているところも多いでしょう。しかし、プロジェクトマネージャーを育成していくためには、こういった勉強会を頻繁に開くのではなく、実際に経験を積ませることが非常に大切なのです。

では、プロジェクトマネージャー育成時に大切な経験について、ご紹介しましょう。研修や勉強会というのは、育成に大切なもの。しかし、これだけでは力を付けることは出来ません。育成をするためには、実際に経験を踏ませることが大切。仕事というのは、時には予想もしないようトラブルが起きますし、思いもよらないことが起こることもあります。こういった経験は、実際に仕事に取り組んでいかなければ分からないことです。もちろん、最初から責任が大きい立場として取り組ませるのではなく、サポートしてくれる先輩などがいる環境を作って、経験をさせることが大切となります。

いくつものプロジェクトを経験させていくことで、スキルを上げることも出来ますし、プロジェクトマネージャーとして活躍出来る力を高めていくことが出来るでしょう。中には、「この人は、プロジェクトマネージャーに向いているだろうか?」と迷っている人材がいる場合には、戦略的にプロジェクトに参加させ、経験を積ませていくと良いでしょう。「プロジェクトマネージャーを育てるためには、どうしたら良いのだろう?」と困っている方は、まずは実際にプロジェクトに参加させ、経験を積ませましょう。最初のうちは、周りでサポートをしたり、責任軽減するなどして、プレッシャーを与えない環境を作っていくことが大切となるでしょう。そうすることで、経験と知識を積み応用力がつくプロジェクトマネージャーが育つのです。その環境を整備し、適任者の育成を行うのが今後のIT業界の仕事と言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です