Skip to content

プロジェクトマネージャー育成の問題

IT関連野仕事をし、経験を積んできている方の中には後輩たちの育成などを任されている方もいると思います。新しく入ってきたスタッフのサポートをしたり、育成をしている方もいるでしょう。本来の仕事もしながら、人の育成も行うとなればなかなか大変なものですよね。しかし、後輩たちを育てていくというのは、上に立つ人間としては大切な仕事。後輩たちが育てば、それだけ自分たちの仕事も楽になりますし、プロジェクトを進めていく上でも安心して任せることが出来ますからね。

企業では、「プロジェクトマネージャーを育てるためには、どうしたら良いのだろう?」と思っている方も少なくないでしょう。では、プロジェクトマネージャー育成の問題について、ご紹介します。「この人であれば、プロジェクトマネージャーを任せられるだろう」と思っている方もいると思います。プロジェクトマネージャーとして育てたいと思う人材がいる場合、今までの経験やスキルなどをみて判断していると思いますが、「この人であれば、やってくれるだろう」と何か漠然とした期待を抱いている方も多いはず。プロジェクトマネージャーという立場は、プロジェクトをまとめていく存在となりますから、この漠然とした期待に頼ってしまうのは注意が必要です。人材育成の際には、人材開発部門のスタッフと事業部門のスタッフにより、「この人が良いだろう」と判断することになると思いますが、両者の気持ちが揃っていなければ、育成にも支障が出てしまう恐れがあります。

この溝を埋めながら、育成に力を入れなければ良い人材を育てることは出来ないでしょう。このように、プロジェクトマネージャーを育成する際には、「この人であれば」と思い育成をはじめても、人材開発や事業部などの考え方によって思った様に育成が進められないこともあるため、注意が必要となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です