Skip to content

人間関係はとても大事

プロジェクトマネージャーの育成に関して、「人間関係」というのはとても重要です。

プロジェクトマネージャーは、多くの人から信頼されていなければなりませんし、そうしなければ、重要なミスが自分に上がってこなかったりするということもあるかもしれません。
なので、プロジェクトマネージャーを育成する上で、人間関係の悪い人をプロジェクトマネージャーに選ぶようなことはありません。

人間関係と言っても、難しく考える必要はありません。よほどのことがない限り、嫌われたりするというようなことはないかと思いますし、悪化することもありません。
普通にしているというと、抽象的すぎてわかりにくいとは思いますが、悪口を言ったり、相手の考えを頭ごなしに否定したりと言うようなことがなければ、そうそう悪い印象を持たれることはありません。

そこに仕事の質というのも関わってきますが、プロジェクトマネージャーに選ばれるような人であれば、それなりの仕事をしているということですので、そこまで気にすることはないでしょう。
逆にプロジェクトマネージャーに指名された不安を告白できる人間が社内にいるような環境であれば、それは良い人間関係が作れている証拠です。
悪口を言わない。否定しない。邪魔をしない。フォローする。優しい。
とにかく、相手の嫌がることをせずに、相手のためになることをするだけで、人間関係というのはとても良好なものになってきますので、深く考えずに優しくなってみると、逆にフォローされたり、助けられたりすることも増えてくるのではないでしょうか。

そういった人間関係を気づいておくと、後から自分のためになるということを知っておいたほうが良いかもしれません。人間は一人で動くよりも、多人数で動くほうが効率的に物事を進められます。なので、人間関係はプロジェクトマネージャーに限らず、円滑に育成しておく必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です